★こんにちは!ブログへようこそお越しくださいました。木村式自然栽培・自然栽培・オーガニックの農産物ご提供&食育セミナー開催(株)ケイフィールズの木下です★自然栽培野菜のお買い求めはこちら

種について考えるシリーズ、第三回目です。

第一回:F1種と固定種について

第二回:F1種のメリット・デメリット

今回は「種子法」について考えてみたいと思います。

「種子法の廃止」は、2017年に可決・成立し、今年の4月に施行となりました。

同法の廃止については問題視する有識者も多く、議論の余地があるとして、その見直しを求める声も上がっています。

そもそも種子法とはどのようなものなのでしょうか。そしてそれが廃止されると私たちの生活にどのような影響があるのでしょうか?(この記事は二〇一八年六月現在の種子法に関する情報を基にしています)


―種子法の成り立ち
種子法の成立は1952年5月。 サンフランシスコ講和条約発行の翌月です。

「米・麦・大豆などの主要な農産物に関しての優良な種子の安定的な生産と普及は、国がその役割を果たすべきである」と定められました。そのため、種子法自体は、戦後の食料安定供給を目的とした法であったとされています。

今回の種子法の廃止については、対象となっている主要な農産物の中に「米」が含まれることから、TTP参加に関連した政策(米の自由化推進)であるという見方もされています。


―種子法のメリットとは
専門家の一人である元農林水産省大臣、山田正彦氏は「種子法があることで、日本米、麦、大豆は守られてきた」と述べています。

主要な作物の在来種は、種子法によって国が管理し、各自治体によって原種・原原種の維持、優良品種の開発、奨励、審査が義務付けられてきました。その結果、優良な品種は公共品種として安価での提供が可能となり、その地域にあった多様な品種を、安定して生産者供給することができるようになりました。

種子の開発や維持に関して、もしも民間企業が参入し、大手企業の管理下に入ったとしたらどうなるのでしょうか。

種子の値段が高騰するだけでなく、その品種は限られたものとなり、指定された農薬や肥料の購入も義務付けられ、やがては遺伝子組み換えのお米が作付けされる可能性もある、と同氏は述べています。

日本の生産者が特許料を支払い、民間企業からF1種を購入し続けるという仕組みが出来上がるわけです。

また、農業競争力強化支援法8条4項には、原種・原原種・優良品種の知見をすべて民間に提供する、とあります。その譲渡先は外資も除外しないと答弁されたため、日本の原種に関する特許料は、国内外の民間企業に支払われることとなります。


―種子法の廃止は種苗企業の育成につながるか

こうした見方の一方で、種子法の廃止に関する一連の反対運動は、的を射たものではないとの意見もあります。

自由競争や市場原理を理解したならば、種子法の廃止やTPPの参加は、日本の種苗会社の競争力を高め、シェアを広げることに益するとの視点です。

今後も、種子法に関する動きについては、様々な立場からその動きが注目されることでしょう。


―主体性を持った消費者でいるために
私たち消費者にとっても、学ぶべきことは少なくないはずです。

安心できるもの、美味しいものを手にしていくためには、行政や企業任せにせず、農業の現状や未来について考える姿勢が求められます。

ケイフィールズと、弊社が協賛しておりますNPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会では、みなさんと共に、食についてわかりやすく学び、生産者さんと消費者の方々が信頼関係を結べるよう、様々な機会をご提供したいと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

==================================

★食べることが大好きな夫婦で経営しております。(株)ケイフィールズです。

オンラインショップ(商品点数を増やすべく、頑張ります)

自然栽培ファンクラブ(公式サイト・自然栽培に関する情報更新中)

ツイッター(自然栽培を楽しむ生活をご提案…というほど真面目なつぶやきではないですが)

フェイスブック(イベント案内、商品情報、コラム等)

NPO法人大阪府木村式自然栽培実行委員会のブログ(ケイフィールズは同NPO法人の協賛企業です)

広告